アサシンクリードシリーズのストーリーを総復習 ちなみに、上記事ではこのシリーズのストーリーを詳しく解説 … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Ubisfot Middle Eastのコミュニケーション責任者であるマレク・テファハ氏は、アサシンクリードのボリュームは前作「アサシンクリード オデッセイ」よりもボリュームを少なくすると発言しました。, 本作はシリーズの中で最長のゲームにも最大のゲームにもならないでしょう。開発チームは批判に耳を傾け、制作に取り組んでいますhttps://jp.ign.com/assassins-creed-valhalla/43595/news/より, 前作「アサシンクリード オデッセイ」では、約60時間にも及ぶプレイ時間を要する大ボリュームの大作でり、海外でのメタスコアも83点と非常に好評でした。, しかし、作品のフィードバックの中で得た、「無駄に広いワールド」という意見を慎重に受け止め、今作「アサシンクリード ヴァルハラ」では必要なプレイ時間を短くし、ワールドもオデッセイに比べて縮小させるといいます。, 「アサシンクリード オリジンズ」を皮切りに、エジプト全土、ギリシャ全土と広大なマップを全面に宣伝していたものの、やはり端から端までイベントがあるわけではなく無駄な部分が多かったのが現実でした。, 個人的にはパリを舞台にした「アサシンクリード ユニティ」くらいのマップが一番やりやすいのではないかと感じています。, ただ、本作は次世代機であるXbox SeriesXやPS5でも発売とされているので、ローディング速度の大幅な向上によって広大なフィールドであってもファストトラベル(瞬間移動)の実用性がさらに高まるのではないかと思われます。, 主要キャラクターがようやく登場するときは、すでに興奮が覚めているのだ。そこに到達するのに、ギリシャ全土の半分にわたって6時間も無駄な努力をしなくてはいけなかったからである, https://jp.ign.com/assassins-creed-valhalla/43595/news/より, 作品のボリュームが前作よりも縮小されるからと言って、決してゲーム自体が「小さく」なるわけではありません。, 本作の舞台は9世紀末のイングランド。イングランドの主要の4つの大国に焦点を当てた作品となっており、ノルウェー地域のほとんどの面積を舞台とすると発言しています。, 次世代機の高度なグラフィックと処理機能に加え、批判的なフィードバックを真剣に受け止めて作られる期待のアサシンクリードヴァルハラの発売は2020年の冬。, 2017年6月に「のっとぬんブログ」を始める。 10月5日発売!【アサシンクリードオデッセイ】海外レビュー映像が解禁!メタスコアは87点と順調なスタート!なお『ゴールド&アルティメットエディション』は今夜24時より早期アクセス … 「アサシンクリード」シリーズの11作目にして、前作『アサシンクリード オリジンズ』同様にRPG、レベル制度やハクスラ要素などを採用したオープンワールド系RPG。 他のゲームで例えれば、『ウィッチャー3 ワイルドハント』のアサクリ版。 なお、今作の時代設定は、古代エジプトを舞台にした『アサシンクリード オリジンズ』よりも前になっており、”シリーズで最も古い時代を描く”。 1. Nintendo Switch/Playstation4にて2019年5月23日に発売する『Assassin’s Creed Ⅲ(アサシンクリード3)リマスター』。, オリジナルはWiiUのロンチタイトルとしても発売された作品で、私も当時プレイした記憶がありますが、なにせ発売されたのが2012年…7年前のゲームです。, しかもアサクリシリーズ自体が毎年のように出ていて、何作も遊んでいると今やどれがどんなものだったのか頭の中はもうごちゃごちゃ(笑), 流石にストーリーもシステムも殆ど覚えていないという事で、当時の記憶を呼び戻そうとオリジナル含め色んな機種のレビューを色々と見て参りました。, そこで見つかった本作の特徴や評価点…あるいは注意点はどんなものなのかを見て、購入検討の参考に頂ければ幸いです。, アサシンクリードシリーズは本編だけでも実に11作と沢山の作品がリリースされていますが、5作目にあたる本作で既にシリーズ伝統となる要素が多数登場しています。, アサクリと言えばまず思い浮かぶのが、「再現された大昔の都市を自由に歩き回れるゲーム」という所でしょう。, 作品ごとによって時代や国は様々ですが、本作はアメリカ独立戦争時代のボストンを舞台にしています。, レンガ造りの街並みや、馬車を使って人々が移動をしていたり、腰にサーベルを差している兵隊が歩いている…, そんな歴史の教科書や何かの映画で見たような風景の中を、実際に暗殺者の主人公となり自由に探索することが可能です。, アサクリシリーズの主人公は皆驚異的な身体能力を持っていますが、本作でも身体能力を活かした自由な探索が楽しめます。, 建物の壁を登り、屋根から屋根へと飛び移る…果ては高所から飛び降りるイーグルダイブまで!, 移動の自由度の高さはオープンワールドの中でも屈指で、まるで猫や猿になった様に人間ではたどり着けない場所を探索したり、移動ルートを選んだりすることができます。, 後に発売された『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』はアサクリからのインスパイアを強く感じさせますね。, 主人公は暗殺者なので、当然敵に見つからないようにこっそりと立ち回る事になりますが、時には集団を相手に闘う時もあります。, この手のスニーキングゲームは主人公が弱めで、集団戦はすぐにボコボコにされるイメージがあるのですが…, 本作では時代劇のチャンバラの様に、敵がこちらに忖度しながら攻撃してくれるので無双できます(笑), 操作も非常に簡単で、タイミングに合わせてボタンを押しているだけで、まるで映画の主人公の様なアクションシーンをプレイすることが可能です。, 地上での暗殺や戦闘と打って変わって、巨大な船に大砲をドッカンドッカン打ち込む派手な戦いは爽快で、ゲームのアクセントにもなっていますね。, お金を使って船を改造することもできるなど、RPG的な要素もある海戦はその後のシリーズにもたびたび登場しています。, MetacriticのPC版メタスコア※は 75点 と…特別良くもなく悪くもなくといったところですね。, 因みに、オリジナル(PC/WiiU/PS3/Xbox360)は80~85点と良作と言える点数を叩き出しています。, 細かなゲームの調整を褒める一方で、古臭いモーションや戦闘システムを指摘する声が多く、評価をオリジナルよりも下げている事が分かります。, こういったフォトリアルなAAAタイトルは、当時基準で最高峰の映像がひとつの大きな売りなゲームという事でもありますので…, 年月を経てどうしてもオリジナル当時よりは下がってしまうのは仕方のないことでしょう。, オリジナルとの違いは、VITAに出た『リバティシティ』とDLCの全部入り、グラフィックの向上の他に、メカニックの追加や変更があります。, レビューで言及されていたものだと以下の内容が確認できましたが、細かい部分に手を入れている事に好感触を持っているレビューワーは多いですね。, Millenium 80/100ステルスのメカニズム、装備のクラフトを含めたゲームバランスが見直されている。グラフィックやフレームレートなど映像部分も改善されており、オリジナルをプレイしなかった人に是非オススメしたい。, WCCftech 50/100本作にはVITA独占だった『リバティーシティ』が同梱されているが、本編のボストンよりも遥かに面白い場所で、キャラクターも個性的。不安定な操作や古臭い戦闘という基本的な問題はあるけれども、簡単に遊べてて良かった。本編に関してはその後に登場したより魅力的なシリーズ作とどうしても比較してしまう。シリーズの歴史的には重要なゲームではあるが、現代にもう一度プレイする必要はない。, 古臭さに目を瞑れば今でもそこそこ良作…といった印象を受けるメディア評価に対して、ユーザー評価はかなり荒れていますね。, 0点を付けているユーザーが7件中5件と過半数を超えており、最悪と言っていいでしょう…(泣), 理由は明白で、「オリジナルには無かったフレームレート※の制限を設けてしまった」という所にあります。, ※フレームレート=1秒間に表示するアニメーションのコマ数。パラパラ漫画で言うと60フレームは1秒間に60枚分の絵をめくる事になる。, PCのオリジナルはスペックに余裕があれば60fps以上出せたのが、リマスターではロックされていくらハイスペックでも60fpsで遊ばなければならないと。, ただ、この件に関しては、60fpsが上限のSwitch版では気にすることではないので、無視をしても良いでしょう。, 理由はバグ関係と、高精細の映像になったことでポリゴン臭さ(マネキン・蝋人形に見える)を訴えている声が多数を占めています。, ・見えない壁にハマったり、フリーズ等多数のバグが残っている。リマスターでここまでバグを残しているのはユーザーへの侮辱だ。, ・バグでNPCがどこにも現れないとか、フリーズも多くて失望した。グラフィックも綺麗になったが、それ故に滑稽に見える。, ・これはエイプリルフールか?ゲームの一部分は寧ろオリジナルより悪化してて、まるでプラスチックや蝋人形みたいだ。, 逆に、少数派ではありますが、本作を「良い」と評価した人が、どこを評価しているのか見ていきますと…, 不評の声を上げていた人とは打って変わって、バグやグラフィックへの不満は殆ど無く、ストーリーやゲームメカニックを褒めています。, 運よくバグを回避したパターンや、映像はそこまで期待していなかった人は割とポジティブにゲームを楽しんだ印象がありますね。, 評判調査という企画をはじめて11作目となるのですが、メディアとユーザーでここまで票が分かれたのは初めてです。, メディアだけの評判を見れば「ちょっと古臭い所もあるけどなかなか面白いよ」という印象を抱きますが…, ユーザー評価を見ていると「バグやショボいグラフィックで期待外れ」なんていう、怒りの声がたくさん寄せられていて驚かされますね。, 私が思うに、Switch版はPCとは違ってグラフィックにそこまで五月蠅く言われることはないと思いますし…, 携帯モードでアサクリができる!という大きなアドバンテージもありますので…また違った評価になるように思えます。, しかし、バグが多いのは機種関係のない部分なので、そこを目を瞑って遊ぶか…あるいはバグの多い少ないを確認してから購入するほうが良いのかもしれませんね。, では最後に…これらのポイントを踏まえ、調査の結論を出して当記事を締めたいと思います。, 古臭さを指摘される部分もあるが、携帯モードで伝統的なオープンワールドの代表作の一つであるアサクリが遊べるというのは魅力的。グラフィックの向上、細かな調整やシステムの追加等しっかりと手を入れているのは好感が持てるが、PC版で散見されているバグがSwitch版でも取り切れていないリスクも知っておくほうが良いだろう。, 当ブログでは任天堂はじめゲームメーカーを常々応援していますが、ユーザーとして不満な部分に関しても包み隠さずお話しするのをモットーにしています。, YouTubeでは「NEEDチャンネル」も開設しており、そちらではゲーム内の旅番組を投稿する等エンタメ系の動画制作をしています。, Twitterもアカウントを開設していますが、そちらはもっと砕けたゲームの感想などをつぶやいていますので、良かったらフォロー下さい。(無言フォロー歓迎しています), アサシン クリードIII リマスター - Switch 【CEROレーティング「Z」】, 評判調査『STARLINK BATTLE FOR ATLUS』SFファン大注目の惑星探索オープンワールド!, E3 2019:Nintendo Switch の40タイトルを超える情報をまるっとひとまとめ!, 魂達を導く船旅『スピリットファーラー』レビュー、別れに向って生きることの素晴らしさが詰まった作品, プラチナの集大成!The Wonderful 101 Remastered レビュー, Nintendo Switch オススメのパズルゲーム大特集!高評価タイトルを厳選!, モンスターハンターライズ -Switch (【数量限定特典】「オトモガルク」と「オトモアイルー」の重ね着装備など 同梱), 桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~【早期購入特典】ファミコン版「スーパー桃太郎電鉄」ダウンロードコード同梱. | 「ゲーム」と「ブログ」の魅力を活かしたサイト作りに励んでいます。 1: mutyunのゲーム+αブログがお送りします。滅茶苦茶面白いじゃんこんなこといったら豚がメタスコアガーってわめきだすかもしれないが機種によってメタスコアの基準が違うだけだろゼルダ64はマリオデ以上か?って話だ2: mutyunのゲーム ブログを報告する, 本作はシリーズの中で最長のゲームにも最大のゲームにもならないでしょう。開発チームは批判に耳を傾け、制作に取り組んでいます, https://jp.ign.com/assassins-creed-valhalla/43595/news/, アサシン クリード オデッセイ デラックスエディション/PS4/PLJM16601/【CEROレーティング「Z」(18歳以上のみ対象)】, 『アサシンクリード オデッセイ』副官「バエク」がリワードで獲得可能に!入手から設定まで, 「アサシンクリード オデッセイ」副官「エヴィー」が選択できないのはバグではなくクリア状況の問題!, 【アサシンクリード オデッセイ】シーズンパス・フリーコンテンツ(DLC)の内容公開 アサクリ3リマス…, 『アサシンクリード3 リマスター』『レディリバティ』の配信が10月5日決定!オデッセイシーズンパス所…, 再現度No1。ゲームで学ぶ古代ギリシャ「ディスカバリーツアー:古代ギリシア」の魅力~アサシンクリード オデッセイ~, 『アサシンクリード オデッセイ』レベル70まで可能! 1.10パッチ更新!内容は?, 『アサシンクリード オデッセイ』DLC「最初の刃の遺産」アナウンストレーラー公開!配信日は12月4日. 【評価】『アサシンクリードオデッセイ』面白すぎてやめ時が見つからないらしい! 2018/10/5 ゲームニュース , ゲーム評価 オリジンズと差がないならスパイダーマンのDLC(とNG+)来るまで我慢しようと思ってたが中々評判いいんだなあ 本作の評判の話をする前に、どんなゲームかを少しだけ簡単にご紹介します。 アサシンクリードシリーズは本編だけでも実に11作と沢山の作品がリリースされていますが、5作目にあたる本作で既にシリーズ伝統となる要素が多数登場しています。 ある種アサクリらしさともいえる、4つの要素。 こちらをササっと流し見で、追っていきましょう。 アサクリと言えばまず思い浮かぶのが、「再現された大昔の都市を自由に歩き回れるゲーム」という所でしょう。 作品ごとによって時代や国は様々ですが、本 … 前作「アサシンクリード オデッセイ」では、約60時間にも及ぶプレイ時間を要する大ボリュームの大作でり、海外でのメタスコアも83点と非常に好評でした。 好きなゲームは「アサシンクリード」シリーズ。オープンワールドが大好物。, pielさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog スポンサーリンク

代表チーム 英語, ルミネ横浜 アクセス, 大江裕 グッズ, 関内 宝くじ 売り場, アンパンマン バニラ姫 声優, 17 万分の1 確率, 地震マップ 日本 過去, へずまりゅう 退院, アサクリオデッセイ アビリティ, 二ノ国 Switch 面白い, 演歌ランキング 2018, まんだらけ 買取 評判, 北海道 家具修理, Ikea ソファカバー 廃盤, 厚木 ショッピングモール 計画, 名作椅子 京都, ヤマダ電機 セール 2019, Uqモバイル 通信量 繰り越し, デヴィ 夫人 立ち読み 英語, ブルックス シューズ, 罪と罰 三浦春馬 感想, セイルチェア レンタル, 北の漁場 楽譜,