今日はいつもの英語フレーズの紹介ではなく、私がいわゆる「ハーフ」の子どもの親として、「ハーフ」とか「ダブル」という言葉について日頃思っていることをつらつらと書いてみたいと思います。, 私にはアメリカ人の夫との間に6歳・3歳・0歳の3人の子どもがいます。私は日本育ちの日本人ですが、我が家は英語で子育てしていて、基本的には日本がベースだけど数年に一度は半年ぐらいカリフォルニアの夫の地元で過ごすという、なんとも行ったり来たりな生活をしています。子どもたちはいわゆる「ハーフ」ということになります。, 近年は日本でも国際結婚が増えてきていて、それに伴っていわゆる「ハーフ」と呼ばれる人たちも増えていますよね。「ハーフ」は1/2、半分、という意味なので、「半分は日本人、もう半分は〇〇人」という意味合いです。でもこの言い方、最近良しとしない意見も増えているようです。, 「ハーフ」って言うと、、半分だけしか日本人じゃないとか、半分ずつで一人前じゃないとか、アイデンティティが半分に割れてるとか、そういうネガティブな感じがするからでしょうか。, それを解決する新しい言葉として、「ダブル」と呼ぼう!というのを聞いたことがあります。半分ずつじゃないよ、両方100%で200%だよ!という感じです。とてもポジティブですね!, 個人的には、「ダブル」というと、言語も文化も全部、100%両方吸収して内面化しているという印象を受けます。そして、要素が「2つ」だ、というのが前提になってる表現ですよね。, まず人種・民族の配合についてですが、けっこう色んな要素がごちゃまぜになっている人が世界にはとても多いと思います。たとえば我が家の子供たちは一見「日本人とアメリカ人のハーフ」ですが、実はそんなに単純な配合ではありません。, 世界には、このように ハーフ・ミックスの子供の宗教はどうなる? 宗教に重きを置かない日本人は国際結婚で宗教に関する問題が起こりがちです。特に子供が生まれると子育ての方針で宗教が関係してくることが少なくありません。今回は国際結婚家庭の子供の宗教についてです。 2020.08.25 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 ミックスクラブ.All Rights Reserved. でも最終的にここに落ち着いて、今ここで幸せ」, ただ、特定の個人の話をしてるなら、「〇〇ちゃんはお父さんが〇〇人だから〇〇だったりするの?それはただのイメージ?」とか、「〇〇さんは色んな国で育ってるけど、どこの国の料理が好きなんですか」という感じで、「ハーフ」も「ダブル」も「ミックス」も使わずに話すことができますよね。人によってはいじめられたりして「ハーフ」とかいう言葉に嫌な思い出が染みついちゃってる人もいるので、安易に使わない方がいい言葉かもしれません。, あえてそういう人たちをひとまとめで呼びたい時も、「色んな民族の血が入ってる人」とか「言語を二つ以上話せる人」とか「色んな文化で育ってきた人」という呼び方はどうでしょうか。 複数の民族の血が入ってれば自動的に多言語を話せるというわけじゃないし、多文化の背景があるとも限りません。でも「ハーフ」という言い方をする時に、そのへんが曖昧になってることが多いような気がします。そういうあたりをきちんと区別して、自分がどういう面について話しているのかはっきりできる表現だと思います。, 私たちが日本に住んでる時は、子ども達について「ハーフですか?」と聞かれることも多いです。私としては、みんな気になってるのに何もないような振りをする方が不自然な気がして居心地悪いので、「ハーフですか?」って聞いてくれた方がすっきりします。「そしたらお父さんがアメリカ人なんです」って答えれば「へー」で終わって、普通の会話をできますよね。, 「ハーフ」という言葉はすごくよく普及してるので、普通の人はハーフっぽい見た目の人がいたらとりあえず「ハーフ」と呼ぶと思います。ほとんどの人は、半分〇〇人、とか厳密に考えてるわけじゃなくて、要するに「日本人じゃない要素が入ってる人」の総称が「ハーフ」なんだと思います。, 一つ強調したいのは、「言葉にとらわれすぎない」ことです。確かに言葉に力があるのは事実で、間違った印象を与える言葉とか、自分の心情を正確に表していない言葉で呼ばれることは、つらいことだと思います。でもさっき書いたように言葉には限界というものがあって、複数の人をひとくくりにして呼ぼうとすれば絶対に誰かが「ちょっと違うんだけどな」となるものだと私は思ってます。, もしその人がその言葉を使う背景に差別的な気持ちがあるんだとしたら、使う言葉を変えさせたところで心のレベルでその人が変わるわけじゃないですよね。その反対も同じで、全然悪気がない人に言葉のチョイスについて目くじらたてる必要もないんじゃないでしょうか。日本人じゃない人と接したことがほとんどない人にとって、「ハーフ」や「外人」も「普通に人間」であることを肌で理解するのは難しい、それが当然だと思います。, ただ、じゃあ悪気がないなら人を何て呼んでもいいのかというとそうじゃない、という所が難しい所で、そう呼ばれて嫌な思いをする人が多い表現だ、って分かってるのにあえて使い続けるのは確信犯なのでアウトだと思います。突き詰めると、自分は色んな情報にアンテナを張って人を傷つけないように言葉選びに気を付ける。でも知らないで使ってる人がいたらその人に対しては怒らず寛容に対応する。という風にしていくしかないんじゃないでしょうか。, 私は自分の子が「ハーフ」と呼ばれても気にしないし、夫や子供たちが「外人」と呼ばれても気にしないようにしています。いちいち言葉に煩わされないで生きていきたいからです。子どもたちにも、言葉に押し流されず強く生きていってほしいなと思っています。, 日本という国で、何らかの「日本人じゃない要素」を持って生きていく人には、「ハーフ」と呼ばれようが「外人」と呼ばれようが大人の対応で受け止めて、「自分はこういう風に育ってきて、今こういう風に生きているんだ」というものをしっかり持って生きていく、それしかないんじゃないかと思うのです。, 主人のいとこは、父親が1/4ドイツ人で3/4日本人、母親が1/2日本人で1/2はヨーロッパごちゃまぜ。5/8日本人なので見た目にはアジアの血が強く見えますが、苗字は父親の父方の祖父がドイツ人だったため、ドイツ人の苗字です。さらにそのいとこがメキシコからの移民のご主人と結婚したので、生まれた子の血はさらに複雑に・・。, お友達の例でも、お父さんは日本人とイラン人のハーフで、お母さんはアメリカの黒人と白人のハーフ。そうなると、子ども達は本人たち自体が人種のるつぼなわけです。, 半分だけしか日本人じゃないとか、半分ずつで一人前じゃないとか、アイデンティティが半分に割れてるとか、そういう, というのを聞いたことがあります。半分ずつじゃないよ、両方100%で200%だよ!という感じです。, 「アメリカ人」といっても、うちの夫は母方の祖母が沖縄出身の日本人でした。母方の祖父はヨーロッパのごちゃまぜ家系で、フランス、イギリス、アイルランド、など色々入ってます。, むしろそうじゃない人の方が全体で見たら少数派といってもいいくらいではないでしょうか。, うちの子ども達はまだまだ発展途上ですが、こうやって今後も行ったり来たりしながら育っていく中で、大人になった時にどんな言語・文化的アイデンティティを持つようになるのか、不安もありますが楽しみでもあります。, 「ハーフ」という言葉が与える印象のような、半分〇〇で半分〇〇というような単純な配合でもないし、かといって胸を張ってどちらも100%持ってる「ダブル」です!と言えるかというとそうでもない。むしろ、世界的に見たら色んな要素を持っている人がほとんどなわけだから、あえてそういう人すべての心情にあてはまるような一つの言葉で呼ぼう、という方が無理があると思うのです。, 本当はそうやって、日本人かそうじゃないか、という目線で人を見ない社会が一番いいと思います。でも日本に暮らしている人は圧倒的に「日本人」の人が多いので、日本以外の血だったり文化が入っている人が目立ってしまうことは、もうどうしようもないことだと私は思ってます。, 「ハーフ」って失礼なの?!「ダブル」「ミックス」・・いい呼び方はどれなんだ?っていう話し. そもそも、「ハーフ」という呼び方以外に「ダブル」だの、「ミックス」だのという呼び方が出て来た背景には、どのようなことがあったのでしょうか? 確かに国際結婚家庭の子どもの呼び方よりも、自分自身のアイデンティティーを持つことの方が大事と言えるかも知れませんね。, 私自身も国際結婚をして3人の子どもを育てている立場ですが、実のところ「ハーフ」、「ダブル」、「ミックス」のいずれも呼称もピンと来ないと言いますか、何となく違和感を感じてしまい、あまり積極的には使いたくないというのが本音です。(……とか言いながら、このコラムの中では、ばんばん使っていますが・笑), 例えば、お隣の国・韓国。やはり、日本と同じように国際結婚が増えるに従い、ハーフの子どもも増加傾向にあります。かつて、韓国ではこうしたハーフの子どもは「混血児」と呼ばれることが一般的でしたが、国際結婚家庭やハーフ子どもの増加に伴い、新たに「多文化」という言葉が生まれ、定着したのです。よって、国際結婚家庭は「多文化家庭」、ハーフの子どもは「多文化子女」と呼ばれます。私個人としては、この「多文化」という言葉はなかなかいいのではないかなと思います。, これまでにも他の「ハーフ」に関連したトピックの中でも述べてきましたが、「ハーフ」の人たちは自分たちに対する「呼び方」、「外見」や「言語」などあらゆる面において特別視されることに違和感を感じている人が多い印象を受けます。アメリカやヨーロッパであれば国籍が違う両親を持つ子どもへの特別な呼び方やこだわりは少ないよう感じます。, 1.国際結婚の両親の間に生まれた子どもは「ハーフ」、「ダブル」、「ミックス」などと呼ばれることが多い。, 2.「ハーフ」という言葉は「半分」を意味し、「半人前」という印象から、これに代わって「両親の2つの国籍や文化を持つ」という意味合いのもと「ダブル」や「ミックス」という呼び方もされるようになった。, 3.実際の「ハーフ」の人たちはこうした呼び方に対し、違和感や不快感を感じている人もいる。, 4.大事なことは「ハーフ」であるか否かではなく、「自分は●●人だ」というアイデンティティーをきちんと持つこと。, 「呼び方」をあれこれ議論するよりも、「ハーフ」の人たちが自分たちの出自に誇りを持ち、自分らしく生きられることが大事と言えるでしょう。. 「ハーフ」となり、今は「ダブル」「ミックス」という言い回しもよくあります。 「ハーフ」は和製英語だ、という人がいますが、 元々は英語の「half-blood」「half-caste」という言葉から来ています。 混血、異父(母)兄弟、雑種といった意味です。 「ハーフ」も「ダブル」もあてはまらないのではないでしょうか。, 複数の人種や民族的要素が混ざってて、文化的にも色んなバリエーションがある、というニュアンスがよく出るのではないかなーと思います。, 動物の「雑種」みたいな響きだから嫌だ、という人もいますが、「色んな要素が混ざってるから、一口に〇〇人ですとか〇〇系〇〇人ですとかって言えない」という人の心情を一番正確に反映できるのは「ミックス」じゃないでしょうか。「Mixed feelings=複雑な気持ち」とかって言いますが、そんなイメージで。, 「まあ要するにごちゃまぜなんだよね。


ケーズデンキ 決算セール 2020 いつまで, ヨコハマタイヤ 評判, 銀玉鉄砲 改造, 柳蓮二 私服, オクトパス トラベラー 音楽, 中古スマホ クリーニング, 北欧 テーブル, くじの日 2020 景品, 二ノ国 Ps4 リマスター, 録画代行 過去 番組, 千賀 メジャー 評価, 益田 直也, メディカル ケアサービス パワハラ, オクトパストラベラー クリア後 サブストーリー, 堂珍嘉邦 彼女, 緊急速報 テレビ 今, 電話の声が聞こえないと言われる Android, 19世紀 イギリス 女性 地位, スハルト政権 開発独裁, 藤原紀香 弁当, シンガーソングライター 男性 80年代, 荻野貴司 怪我, Sdカード インポートできない, Wimax 繋がらない 室内, 木更津アウトレット バス 池袋, サイバーパンク2077 ダウンロード版, Iphonese2 Uqモバイル 機種変更, テニプリ なんj, リメイク 日本語, 緊急地震速報 震度いくつから, ミラーツインズ2 1話, 千葉県北西部 地震の巣, 東海オンエア カズ2, 花郎 ドラマ, ララガーデン 長町 営業再開, 世界 地震アプリ, ゲオセール 2020 ゴールデンウィーク, レガリア ベッド 評判, 三山ひろし 八戸, トレーサビリティ It, 嫌いなcm ランキング 2019, ギガぞう 無料, ダイニング アームチェア 北欧, モバイルルーター 比較, 駿河屋 遅い 2ch, 宝くじ が当たる 待ち受け 無料, ジャンボ 宝くじ 当選番号, So-net Wimax 再契約 キャンペーン, デビュタントボール イギリス, レピス 家具, ナフコ ベッド ロフト, Uqモバイル 回線切り替え 圏外, ナフコ マットレス 返品, オクトパストラベラー Switch, あさ イチ わたしのニュース, エキサイトブログ 問い合わせ, 19世紀 イギリス 女性 地位, Broad Wimax 速度制限 解除されない, Uqモバイル 家族割 支払い 別々, ソファーベッド 合皮 3人掛け, 五木ひろし 元 妻, スイッチ おすすめソフト 大人, チェア 家具, アップロード速度 上げる, ヒカキン 卒アル, オフィス家具 ショールーム 東京, 大塚家具 戦略 分析, 大塚家具 親子喧嘩 原因, 新横浜 ニトリ 営業時間, 広島 ホテル Gotoキャンペーン, グランツーリスモsport 車種 増える, イド:イン ヴェイ デッド 10話 感想, 横浜 デパコス, 池袋ウエストゲートパーク アニメ 放送局, 鈴木 大地, マーク シュナイダー,