全国各地の風波予報。時間ごとの天気に加え、海スポットの風向や風速、波高や周期、干潮時刻、満潮時刻、潮位を1週間分をまとめて確認できます。サーフィンや釣り、漁師の方まで役立つ風波予報です。 新潟地震のときはどうだったか-地震とライフラインと私(その3) リアルタイム地震・防災情報利用協議会 会長 片山 恒雄 来年は、新潟地震が起こってから半世紀になる。すでに16年も経っていたが 宮城県沖地震の被害を調べていて思ったことがあった。 27日07時42分ころ、地震がありました。 震源地は、宮城県沖(北緯38.9度、東経142.1度)で、震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は3.8と推定されます。 この地震による津波の心配 … Copyright (C) var date = new Date();document.write(date.getFullYear()); Japan Association for Earthquake Engineering. 1964(昭和39)年の新潟地震が発生してから、2014年で50年を迎えます。 新潟地震は、液状化現象や津波など、今なお私たちの生活を脅かす多くの自然現象がリアルタイムで撮影された災害です。 新潟県で発生した震度5弱以上の強い地震を、気象庁のデータを活用し年代別に集計しました。日本は地震大国であり、同じ場所で同じ大きさの地震が繰り返し起こるとも言われています。 風雨・地震等のリアルタイム情報 最新の気象状況などがご覧いただけます。 (新潟県以外のホームページへのリンクを含みます。) 新潟県の気象状況(新潟地方気象台) <外部リンク> 地震情報(気象庁) <外部リンク> 津波予報(気象庁) <外部リンク> 〒108-0014 東京都港区芝5-26-20 建築会館 4F 各種情報の提供(オープンデータ), 情報公開(ディスクロージャー). から, 2020年 9月29日2020年 9月30日2020年 10月1日2020年 10月2日2020年 10月3日2020年 10月4日2020年 10月5日2020年 10月6日2020年 10月7日2020年 10月8日2020年 10月9日2020年 10月10日2020年 10月11日2020年 10月12日2020年 10月13日2020年 10月14日2020年 10月15日2020年 10月16日2020年 10月17日2020年 10月18日2020年 10月19日2020年 10月20日2020年 10月21日2020年 10月22日2020年 10月23日2020年 10月24日2020年 10月25日2020年 10月26日2020年 10月27日2020年 10月28日2020年 10月29日 震源・震度に関する情報 令和 2年10月26日18時06分 気象庁発表 26日18時03分ころ、地震がありました。震源地は、福島県浜通り(北緯37.2度、東経140.9度)で、震源の深さは約70km、地震の規模(マグニチュード)は3.1と推定されます。 Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. 来年は、新潟地震が起こってから半世紀になる。すでに16年も経っていたが 宮城県沖地震の被害を調べていて思ったことがあった。1964年新潟地震の新潟市の被害は仙台市以上のものだった。そのとき、私はシドニーにいた。当時は、地震が起こったからといってちょっと日本に帰ろうなんてとんでもない話だった。航空賃も高かった。羽田-香港-マニラ-シドニーの切符は片道で16万円近くしたと思う。いまの価値でいえば60万から70万円というところだろうか。「あ、そうか、日本で地震が起こったのか」と思ったくらいで、大変な地震だったことは後になって知った。液状化で信濃川の堤防が決壊し、津波が遡上して、復旧の車を動かせなかったところもあった。地震のことを本気で考えていた自治体はほとんどなかった頃の話である。 今からでもいいから、新潟地震の被害を見なおしてみよう。当時の私たちの思いを書いた文がある(生産研究、1981年1月)。 「いわゆるライフラインの地震問題が注目を集めだしてからせいぜい10年であり、これに関する研究成果が各所で目に触れるようになったのは、たかだか5年前位からである。この間,われわれは、ライフラインの地震防災においては、来るべき地震災害の予測と発災後の対応計画が、他の構造物の耐震設計と同等以上に重要であることを再三指摘してきた。この意味で、1978年宮城県沖による仙台市の被害は、ライフラインの地震防災に対する貴重な経験を残すことになったが、仙台市の被害は都市震災としては全体に軽微であったと言える」 「われわれは、新潟地震についてどれだけを知っているだろうか。新潟地震による各種構造物の被害については、その後詳細な調査研究の対象となったものも多く、それらの結果が構造物の耐震設計方法に反映され生かされているものも少なくない。上水道及び都市ガス施設についても、新潟市水道局や日本ガス協会の報告書などがあり、いずれも関係者の苦労が行間ににじみ出た労作である」 「従来の報告書は、被害や影響の総量をスタティックにまとめ上げたものが多い。これに対し、われわれの報告では、発災後の対応と復旧の経緯を時間経過の中でダイナミックに眺めるところに重点を置いた…このような形で貴重な経験を共有することが、将来の都市防災に役立つとわれわれは信じている」 地震の発生からすでに16年が経っており、資料の収集は容易ではなかった。原資料がすでに破棄されているものも少なくなかった。とくに、市役所が新しいビルに移ったときに、水道関係の資料はかなり捨てられていた。私たちは、ともかく残された資料をできるだけ集め、関係者との長時間にわたるインタビューを通して当時の状況を聞き出す努力を重ねた。地震が起こったとき北陸ガスの若いエンジニアだった人は、地震後の被害を見て、「これで会社はつぶれると思った」と語った。原資料を読み解く 宮城県沖地震の調査を通して、加工されていない資料を読みほぐしていくことの大切さに気付いていたから、できるだけそのような資料を集めた。水道に関しては、水道局総務課が残していた「新潟地震に関する綴」「震災関係綴」「応急復旧工事日誌」「新潟地震発生以来の水道局活動日誌抄録」などに加え、「導管被災箇所及び仮配管敷設図」があり、ガスに関しては、北陸ガスの「1965年工務年報」「昭和39年度本支管工事報告書綴」「工事日報(12編しか残っていなかった)」などに加えて配管等の工事内容図を集めた。関係者にとっても、なぜそんなものにまで興味を持つのかわからなかったようだ。一次資料から復旧の様子を再現する作業は大変だったが、ミステリーの犯人捜しのような面白さもあった。 1981年1月、2月の「生産研究」に掲載された「1964年新潟地震による新潟市の上水道およびガス施設の震災復旧(その1)」「同(その2)」は、当時研究室の技官だった新潟県出身の増井由春さんとの共著論文だが、いま読み直しても当時の熱気が伝わってくる。大いなる我田引水をお許し願えるなら、ライフラインの震災調査報告で、その後もあれだけの中身を持った論文にはお目にかかったことがない。増井さんは、その後長岡科学技術大学に移り、いまは(公益財団法人)地震予知総合研究振興会の非常勤職員を勤めている。 仙台に比べて何倍も長い供給停止が続いた。多くのところで断水が3週間から4週間、東新潟では6週間続いたところもあった。市内の水道管は被害だらけ、被害を受けたパイプをいちいち掘り出し、直して埋め戻すのでは、いくら時間があっても足りない。そこで、道端に仮の水道管を浅く埋めて、50メートル程度ごとに共用の水道栓をつけた。はじめは、パイプを道端に転がしていたのだが、車の出入りの邪魔になるということで、浅い埋設に変更した。炊事の水も洗濯の水も、近所の人が一緒に使った。地震が起こったのは6月16日、ほぼ全世帯に水が行きわたったという7月30日の段階で、新潟市の半分の人たちはまだ道端の水道栓を使っていた。水道管の本復旧にはそれから数週間、各家庭の蛇口から水が出るようになるにはさらに数週間を要した。 それでも水道はいい方だった。ガスの復旧は、10月、11月、12月までずれ込んだところが少なくない。冬になる前に絶対に復旧するという突貫工事にもかかわらず、6ヶ月を要した。仙台のガスは4週間で復旧したが、同じ4週間の時点で新潟のガスの復旧率は40%に過ぎない。 だが、「水なし、ガスなし、電気なし」とマスコミがはやし立てた仙台に比べると、新潟地震では都市型震災はあまり大きな問題とされなかった。橋が落ちたり、タンクが燃えたり、広い範囲で液状化が起こったりと、派手な被害がたくさんあったため、ライフラインの被害が影に隠れてしまったことも一因だろう。しかし、新潟の震災と仙台の震災の間の16年間に、私たちの生活のライフラインへの依存度が大きく変わったことも間違いない。洗濯機が普及していたら水の使い方も大きく違ったろうし、新潟市にはまだ下水道がなかった。調査からわかったこと いつも便利な生活を享受していると、何らかの理由で、便利な生活の基盤が壊れてしまったとき、困ることもまた一層大きいということなのだ。私は、1985年メキシコ地震の被害調査に参加する機会があった。私たちは、東京は近代都市だと思っている。しかし、メキシコ市は都市空間的に東京よりよほど余裕がある。街路は広く、歩道の幅も東京の4,5倍はある。そこに、大型の給水タンクを置いて、何十トンという給水車で水を入れて回る。もともと水道が十分に普及していないところがあるため、地震がなくても大型給水車を使った給水体制がとられている。言うなれば、常時から災害に近い状況に慣れているのだ。 メキシコ地震の調査では、水道やごみ処理、発災後の報道などにも手を出した。一緒に調査に行った人たちが集まると、水道局に行って、大きな地図にパイプの破壊箇所を虫ピンを刺して示したものを読み取った話とか、鉄筋と仕分けしたコンクリート殻を捨てる大きな穴を見に行った話とか、従来の被害調査と違ったことをしようとした思い出話になる。調査団は、25人ほどのメンバーだったと思うが、7、8人の有志がいまも「メキシコ会」なる同窓会をつくって集まっている。その中心メンバーだった佐伯光昭さんが、つい先日お亡くなりになった。 宮城県沖地震と新潟地震の調査からいくつかのことがわかった。 ひとつは、液状化が地中に埋もれたパイプの被害に非常に大きな影響を及ぼすということ、また、地震に対して強いパイプと弱いパイプの違いがはっきりしていることだ。ガス管や水道管に使われる、ねじを切ってつないだスチールのパイプは地震に対して弱い。今では常識だが、50年前には必ずしも常識ではなかった。 1993年釧路沖地震でねじ接合のガス導管が大きな被害を受けたことを教訓に、1995年の「ガス工作物の技術上の基準の細目を定める告示」の改正の際に、都市ガス事業者は原則埋設部でねじ接合鋼管の使用を禁止した。それ以前から自主的にねじ接合鋼管の使用を止めていた事業者もあったが、これを機に都市ガス業界が一律で禁止を定めたのである。きわめて速い対応だった。関東地震のあと、レンガの使用を止めたことに匹敵する大英断である。しかし、この定めは、新設のものにしか適用されない。大事業者を中心にまだ膨大なねじ接合鋼管が残っている。入れ替えは、着実に進められているが、一朝一夕に終わるわけではない。 三番目の教訓は、システムとしての地震対策が重要ということである。新潟市のガスや水道は、木の根っこから幹、枝と順次分かれながら供給するシステムだったから、どこかに被害が起こると、その先には供給できない。新潟の復旧計画の中では、ライフラインの供給ネットワークをシステムとして地震に強くすることが考えられた。このことは、言うは易しいが、すでに出来上がったライフラインを変えることは現実にはきわめて難しい。 四番目の教訓は、事後対策を事前に考えておくことの大切さである。最近では、多くの自治体の被害想定の中で、モノが壊れる、火事が起こるに加えて、ライフラインの被害や都市機能の低下が重視されるようになっている。水道やガスの事業者がお互いに話し合っておき、地震被害が起こったときには全国規模で助け合おうという体制が整えられているが、このような事前対策は新潟地震がきっかけとなって始まったものだ。 もう一度、仙台の地震に話を戻そう。1978年当時の仙台市の人口は65万、周辺の市町村を含めると100 万ぐらいの都市圏だった。そこで死者が20数人、倒壊家屋が数百戸というレベルの地震だったから、多くの人は翌日から働きに行こうと思えば行ける状態だった。かえってライフライン被害が目立ったといえる。都市型震災が本当にありそうだ、供給施設がストップする震災は、構造物が壊れる震災より度々起こるのかも知れない。みんなが何となくそんなふうに考えるようになったのが1978年の宮城県沖地震だった。しかし、この辺から私のような人間は、「ライフライン」「都市型震災」と囃したてすぎた。生活が壊れる震災は起こるかもしれないが、もう日本では大規模に「モノ」が壊れる震災は起こらない、何千、何万という人が死ぬことはないだろうなどと思い始めた。これに冷水をかけたのが、1995年神戸地震と2011年東北津波地震であった。, 公益社団法人 日本地震工学会事務局 「新潟駅」に関するYahoo!検索(リアルタイム)検索結果。Yahoo!検索(リアルタイム)は、今発信されたリアルタイム情報を検索できたり、テレビ放映中番組に関するTwitter上での反響などもチェックできる検索サービスです。 All rights reserved. ¯ç­‰ã®æ¸‹æ»žäºˆæ¸¬æƒ…報が確認できます。. 「地震」に関するYahoo!検索(リアルタイム)検索結果。Yahoo!検索(リアルタイム)は、今発信されたリアルタイム情報を検索できたり、テレビ放映中番組に関するTwitter上での反響などもチェックできる検索サービスです。 まで, ※番組に関するキーワード、およびグラフはTwitterへの投稿データをもとに表示しています。放送局が提供する情報とは一切関係ありません。. 地震によって引き起こされるのが津波です。東日本大震災では、逃げ遅れた人の多くが津波により命を落とす結果となりました。人は非常事態に避難するという意思決定が難しくなるという心理的なものがあります(正常性バイアスという)。しか... 地震による揺れを視覚的にリアルタイムで確認できます。緊急地震速報による到達予想円、予測震度分布も表示します。. 1964年の新潟地震では、マグニチュード7.5の地震が発生し、15分後には最大で高さ4メートルの津波が北海道から中国地方に至る日本海側に押し寄せました。, 1983年の日本海中部地震(M7.7)では地震発生の7分後、1993年の北海道南西沖地震(M7.8)が2~3分後に津波が押し寄せ、甚大な被害が出ました。, このように避難までの猶予時間が短いため、強い揺れの後は避難指示などを待たずに逃げることが大事なります。, 新潟地震の震源は、日本海の新潟県沖から北海道沖にかけて南北に延びる「ひずみ集中帯」で起きました。, この「ひずみ集中帯」は、M7級の地震を起こす海底断層が陸に沿って密集する場所です。個々の断層の活動間隔は長いですが、全体で見ると発生頻度は低いとは言えません。, 日本海東縁部にはユーラシアプレートと北米プレートの境界があり、プレート同士の衝突が度々大きな地震を引き起こしています。, また、いつ起きてもおかしくないと言われている南海トラフ地震や2011年に東日本大震災を引き起こした東北地方太平洋沖地震もこのプレート同士の衝突によるものです。, 東北大の今村文彦教授(津波工学)は「日本海の地震は断層の角度が大きくなり、津波が高くなるケースもあるので注意が必要だ」と指摘し、その上で「強い揺れの後は避難指示などを待たずに逃げることが大事です。地域の津波浸水想定や津波到達までの時間、避難場所を改めて確認してほしい」と強調しています。, 震度6強の揺れを観測した、新潟県村上市で人々はどう行動したのか。海沿いの2つの地区の住民に聞き取り調査を行っています。, 最大規模の津波を想定した市のハザードマップによれば、日本海で大きな地震が発生した場合、この地区には19分後に津波が到達すると予測されています。, すばやく避難した理由として、1964年に起きた新潟地震の記憶が迅速な避難に繋がっています。また、毎年のように防災訓練をやっていたため、多くの人が自分の判断ですばやく行動し、落ち着いて、パニック状態にならず避難できています。, 津波注意報や避難勧告、避難指示に頼るのではなく、揺れたら、できるだけすばやく避難をするというようなことが重要で、それを実践されています。, また、できるだけ早く避難するということを繰り返し訓練することの重要性を示しています。, 想定やマニュアルは、あくまでもこれまでの経験だったり、机上で考えたものなので、決してそれを過信することがないようにしなければならないということです。, 山形県沖地震が発生したのが午後10時22分ごろ。そして、その2分後には、津波注意報が発表されています。, 注目すべきは、この時の発表内容です。「津波到達とみられる」とありますが、山形県と新潟県で、すでに津波が到達しているとみられることです。, 実際に最初の津波が観測されたのは、地震から40分余り後でしたが、より大きな規模の地震が発生した場合は、地震発生から僅か数分で津波が押し寄せていた可能性があるということを示しています。, こうしたことは、日本海側の地域だけではなくて、陸から近い海底で地震が発生するリスクがある地域では、どこでも起こる可能性があります。, 激しい揺れを感じたら、すぐに避難する。そのことは原則だということが今回の地震で改めて示されたと思います。, 東日本大震災で被災した岩手県釜石市鵜住居 (うのすまい) 地区の浸水予想図と死者・行方不明者居住地分布図を紹介します。, このように浸水予想図の赤や黄色の部分よりも、その周辺の浸水が想定されていない地域で多くの死者が出ています。, 想定されていた地域では、どのような避難行動をしたのかは以下のブログをご覧ください。, 東日本大震災において釜石市は壊滅的な被害を受けましたが、地域の小中学生は高齢者や小さな子どもたちを助けつつ自主的に迅速に避難し、ほぼ全員が無事でした。, これは「釜石の奇跡」と言われており、この背景には「子供たちの津波防災教育」がありました。, 東北地方には古くから伝わる“津波てんでんこ”という言い伝えがあり、その新解釈として子どもたちが覚えやすい言葉で表現されたのが「津波避難の三原則」です。, 今後発生する可能性が高い、南海トラフという太平洋側の地震などは、津波というものについて、やはり意識が高いのが現実としてあります。, ただ、日本海側でも、北海道南西沖地震、日本海中部地震、新潟地震と、10年、20年に1回ぐらいは地震が起こっています。, 新潟県村上市や岩手県釜石市のように、防災訓練やハザードマップで確認するなど、きちんと備えておくことは重要だと思います。, 特に日本海側は、すぐに津波が来るというのが特徴なので、ちゃんとそれぞれの地域のリスクに応じた避難行動を考える必要があります。, 建築コンサルティング会社、某大学教授が主宰する建築構造設計事務所、経営コンサルティング会社、住宅メーカーでの研究員など様々な実務経験をしてきました。, 特に、その中でエンジニア(被災建築物応急危険度判定員)として、地震、洪水、津波、台風、液状化、土砂崩れなどの自然災害や住環境などについてのアドバイスを求められることが多く、その経験をもとにこのブログを書いています。宜しければご覧ください。. 新潟県土砂災害警戒区域等の指定状況 及び 基礎調査結果の公表状況(県土木部砂防課) (外部リンク) 放射線 新潟県環境放射線監視テレメータシステム (外部リンク) 柏崎刈羽原子力発電所リアルタイムデータ(東京電力株式会社) 新潟地震で、絶望的な状況から奇跡的に救出された当時2歳だった優太くんは、現在どこでなにをしているのでしょう?「守られっぱなしでは悪い。自分も守る仕事がしたい」中学1年生でこう語っていた彼ですが、今もその気持ちは変わらないのでしょうか? All Rights Reserved. All Rights Reserved. 注目度の推移をご覧いただくには、JavaScriptの設定を有効にしていただく必要があります。, 2020年 9月29日2020年 9月30日2020年 10月1日2020年 10月2日2020年 10月3日2020年 10月4日2020年 10月5日2020年 10月6日2020年 10月7日2020年 10月8日2020年 10月9日2020年 10月10日2020年 10月11日2020年 10月12日2020年 10月13日2020年 10月14日2020年 10月15日2020年 10月16日2020年 10月17日2020年 10月18日2020年 10月19日2020年 10月20日2020年 10月21日2020年 10月22日2020年 10月23日2020年 10月24日2020年 10月25日2020年 10月26日2020年 10月27日2020年 10月28日2020年 10月29日 全国共通ダイヤル. Copyright © Japan Road Traffic Information Center. TEL:03-5730-2831 FAX:03-5730-2830. 1964年の新潟地震では、マグニチュード7.5の地震が発生し、15分後には最大で高さ4メートルの津波が北海道から中国地方に至る日本海側に押し寄せました。1983年の日本海中部地震(M7.7)では地震発生の7分後、1993年の北海道南西沖地震 携帯短縮ダイヤル #8011 スマートフォン・携帯電話・phs専用 050-3369-6666 ガイダンス番号による案内. 大規模津波からの避難における諸課題に対する工学的検討手法およびその活用に関する研究委員会.

コレコレ Wiki, 石川界人 キャラ, オクトパス トラベラー ブログ, パチンコ アニメ 人気, 島津亜矢コンサート 熊本, ソファーベッド セミダブル, アクトオブキリング 配信, イドインヴェイデッド 娘, 確率計算 くじ, オクトパストラベラー ガルデラ, 女優 脇役 名前 が わからない 80代, ヤマダ電機 株主優待 使い方, みずほ銀行 宝くじ 高額当選, 乾貞治 柳蓮二, ニトリ 大塚家具 戦略 比較, 関西 宝くじ 当たる 売り場, テニプリ なんj, ローソファー 人気 ブランド, ケユカ カーテン 遮光1級, 宝くじ売り場 横浜, キンキーブーツ キーホルダー, 錦織圭 テニス,