(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){

ども、立川悠17歳です。いや、元17歳です。現在は12歳の小学校6年生でございます。……自分で言っててわけわかんねぇよ。そうです、勘のいい方なら察したと思いますが、転生しました。それもテニスの王子様の世界です。, そもそも、俺が転生したことに気づいたのは、遡って物心ついた時になる。急に激しい頭痛がし出したと思ったら、前世の記憶や、あの自称神様(いや今となっては自他ともに認める神様ってのは分かってるよ?)に出会った時のことが一斉に頭の中に入り込んできまして、全てを思い出したわけですよ。, いや、記憶が蘇った当初は転生なんか半信半疑だったけど、両親がつけっぱなしにしてたテレビにある人物が写っていて、それを見た瞬間に転生したことを確信した。, --越前南次郎。あのテニプリの主人公である越前リョーマの父親であり、世界でのテニス戦績が37戦全勝とかいうバケモンだ。, 彼を見た瞬間に、俺は驚きと同時に歓喜した。だって、自分の大好きな漫画の世界に転生できて、加えてその原作に介入できるんだ、嬉しくないわけがない。, そうして、転生したことを自覚した俺の行動は早かった。俺はまず、両親に自分専用のテニスラケットの購入を迫った。幸い、俺の両親もテニスをやっていたらしく、すんなりと俺の要求を受け入れてくれた。あ、一応だが、俺の名前はこの世界でも立川悠で変わっていない。どんな偶然だよ……。, そうして、マイラケットを手に入れた俺は、まず神様からもらった特典というやつを確かめることにした。どういう能力か聞かされていなかったため、ひとまずはラケットでボールを打とうと近くのテニスコートに行き、自分の能力を把握しておこうと思ったのだ。, しかし、そこで事件が発生した。当時、まだ物心ついてすぐの幼い俺とラリーをする人などいるはずもなく、俺は1人で1本打ちをすることにしたのだが、俺が手出しで1本打ちをした時だ。ギュルルル!っと俺が打った球が尋常ではないドライブ回転をして相手コートに落ちたと思うと、そのまま転がったのだ。もう一度言おう、''そのまま転がった"のだ。, そう、これは関東大会決勝で越前リョーマが真田弦一郎との試合のマッチポイントでみせたCOOLドライブである。俺は実際にテニプリの技が現実で再現できた喜びと同時に、驚愕で開いた口が塞がらなかった。だってそうだろ?まだ原作が始まってもないのにCOOLドライブ打てたんだから……。ただ、これはやり過ぎると今の体が壊れると本能的に理解した。そのため、結局その日はそれで終わり、後日他にも、原作の技ができるかどうか試した。, --結果、ある程度の技はできた。逆に言うと、できない技もあった。たとえば、手塚ファントムのような極端に体に負担がかかる技だ。恐らく、経験値が足りないのと、まだ骨格などが成長しきってないためだろう。COOLドライブを連発できない理由も恐らくそこにある。ただ、それでもサーブやストロークのフォームは文句のつけようがないくらい綺麗だし、中盤くらいまでの原作キャラの技はほとんど使える。神様がくれた能力チートすぎるだろ……。, こうして、幼少期は自分の能力の幅を確認するため全てを注ぎ、現在に至るわけであるが……1つ、問題があった。, そう、俺、12歳立川悠には友達と呼べる友達がいなかった。いわゆるぼっ……いや、なんでもない、断じて違う!, 俺がこんな現状なのには理由がある。一見テニス好きの少年として周りから好かれそうではあるが、実は俺氏、他人とテニスをしたことがありません……。だって、こんな小6の坊主がテニヌできるなんておかしいだろ?!それに俺は青学に入らなけりゃならない!変な大人に目をつけられても困るしね!断じて、クラスメイトに「テニスしよ」って言った時に、「テニスダサい!」って言われてショックを受けたわけじゃないんだ……。, 「む、昔って……。あんたそんな人生経験豊富じゃないでしょ……。悠、たまにおっさんみたいなこと言う時あるよね」, あ、この喋りかけてきた子は俺の幼馴染の烏野冥という女の子で、冥は俺の2つ上の14歳、青春学園中等部に通う中学二年生だ。俺が物心ある時には隣にいて、俺にとっては姉のような存在でもある。, 「折角、悠の青学合格祝いで、私の家族と悠の家族でアメリカに来てるのに、悠がそんな調子でどうするのよ」, そう、現在俺は青学合格祝いでアメリカに来ている。俺は物心ついた時から青学を目指し勉強していて、やっとその努力が実ったというわけだ。前世で高校生だったとは言え、めちゃめちゃ難しいんだよ、中学入試って……。, ちなみに、何故か冥は俺の希望進路を聞いて「私も青学に行きたい!」と言い出し、先輩として2年前に青学に入学している。, 俺が素直に感謝の意を伝えると、冥は急に顔を赤くしてどもりだした。んー、最近こういうことがあると、いっつもこんな感じなんだよなぁ……。でも、まさか俺に好意があるとかじゃあるまいし……。そんなことを考えている内に、冥は激しく顔を横に振り、話題を変えた。, 「あ、悠!見て見て!日本人の男の子がいるよ!あの子、小さいのにあんなに大きいラケットバック背負ってる」, その時、俺の体に電撃が走った。あの白のFILAの帽子とラケットバック……間違いないっ!, パァーン!とラケットでボールを打った時の快音が辺りに響き渡る。俺の瞳には、1人壁当てをする越前リョーマの姿が映っていた。, 「あれが越前リョーマか……。当然と言っちゃあ当然だが、容姿は原作のまんまだな。でも、何故彼がこんなところに……」, 独り言を言う俺は傍から見たら変人そのものだが、そんなことは気にしない。どのみち俺と彼以外、人なんていないしな。, そうして、1人思考を巡らせていると、視線の先の越前リョーマがこちらに振り返った。俺は一瞬ドキッとしたが、これで逃げるのも変なので視線を返す。, 「いや、日本人で俺と同じくらいの歳の子を見かけたから、何してんだろうなぁと思ってさ」, あ、そうだ、思い出した……。確か、越前リョーマは青学に入る前はアメリカのジュニアの部で4連覇してたんだったっけ……。てことは、時期的に日本に帰る直前くらいなのか?, ……はぁぁぁぁぁ?!待て待て待て待て、これは予想外すぎる!まさか、これも原作と違う点ってことか?!神様の野郎……越前リョーマがいない青学が全国優勝出来るわけねぇだろうがァ!, 越前リョーマは頭にはてなマークを浮かべているが、俺にはこれ以外の案は思いつかないんだ。やるしかねぇ。, 「あぁ、俺もちとばかしテニスの腕には自信あるんだ。日本のテニスレベルを馬鹿にされるのは納得いかなくてなぁ」, ちくしょう、生意気なクソガキが!え?俺も?俺は精神年齢29だからガキじゃねぇ!……しかし、まだ対人で試合したことはねぇが、いけるか……?まさか、初戦が越前リョーマになるとか夢にも思ってなかったぜ……。. U-17日本代表. 体重 :50kg →47kg.


フランスベッド セール, アウトレットとは 電気, 大塚家具 コスパ, 選出される 敬語, 日本のロックバンド とい えば, Zoom 背景画像ダウンロード, Nhk防災アプリ つながらない, ワンピース イチジ 強さ, 株式会社トレサ 求人, Youtube 10万人 収入, ソファになるマットレス ニトリ 口コミ, ワールドポーターズ 駐車場 映画, スイッチ アサシンクリードオデッセイ, 余震 警戒 期間, Uqモバイル Line引き継ぎ, 宝くじ ネット 当選メール, 一人暮らし 家具セット ニトリ, アンパンマン バニラ姫 声優, 青春学園 レギュラー落ち, コレットマーレ 子供, 錦織圭 彼女 画像, 本棚 おしゃれ, いつでも解約サポート ドコモ光, 火球 隕石 違い, 大塚久美子 カラコン, Iphone Se2 ゲーム性能, ヤマダ電機 社長, ヤマダ電機 副会長, ゼノブレイドde 評価, オクトパストラベラー 事前登録, Iphone Se2 Simフリー, シャリマー オレンジ,