2020年5月20日(水)@大阪・Zepp Namba 2020年4月14日(火)@東京・恵比寿リキッドルーム

/ SHE'S 甘いものを食べるかお酒を飲んで仕事を頑張れるようになります(ΦωΦ), 楽曲のレビューやおすすめのミュージシャン、音楽業界の考察など、音楽にまつわる記事をまとめていきます。, Spectraというエンタメ系の会社をやっています。音楽(Loud,Dubstep,KawaiiFutureBass)とファッションが好き。, (おまけ)2019年は音楽業界的にはどんな1年で2020年以降はどうなっていくのか. ⇒2020年12月4日(金)@京都CLUB METRO 今年も残すところ2カ月となりましたね! 2020年にはどのような曲が、アーティストが、バンドが、注目を浴びるのでしょうか? とても気になりますよね! そこで今回は、『2020年注目アーティスト・バンド徹底予想!』について紹介していきます。 2020年4月3日(金)@東京・Veats SHIBUYA 2020年2月26日(水)@東京 Shibuya CLUB QUATTRO, 3枚目のアルバム『Serfs Up!』をUK最大のインディーレーベル、DominoからリリースしたFat White Family(ファット・ホワイト・ファミリー)。, 本国イギリスでは発言やライブの過激さで、メディアから”最も危険、最も厄介、そして最も不可欠なバンド”と言われている彼らの初来日公演が決定!, ※3月に予定されていた来日公演は延期となりました。払い戻しの方法などの詳細はAliveのFat White Family来日公演ページに記載。(2020年3月5日追記) 2020年5月23日(土)・24日(日)@横浜赤レンガ地区野外特設会場, 2020年5月25日(月)@大阪・Billboard Live Osaka 2020年5月21日(木)@東京・豊洲PIT, GREENROOM FESTIVAL’20 ?と言われています。わかる。メロディラインとコード進行がね。, 11月末に『Wit And Love / Child Dancer』をいきなりワーナーからリリースし、メジャーデビューを飾りました。今年の活躍にいろいろな意味で期待ができそうです。, 掴みどころのなさ抜群のジャンルレスな音楽を創る長谷川白紙。前述のJust The Two Of Us進行を彷彿とさせるようなJazz,R&Bライクなコード進行に、ホーン隊や跳ねるようなドラムなどを合わせて、いい意味で不安定なのに聞きやすい音楽を構築している様は圧巻です。, 2018年には楽曲派アイドルのMaison Book Girlの『last scene』のRemixも担当しており、シンガーとしてもトラックメイカーとしても編曲家としても才能をもつ多彩な音楽家。, そして、このクオリティにして21歳。『草木萌動』など10代の頃から天才的なセンスで楽曲製作をしており、次の音楽シーンの顔になるだろうなというアーティストです。, どこか儚げで物憂げでセクシーな雰囲気をまとう女性Voのバンドです。まるで漫画の世界から出てきたかのよう。ずっと追っていたのですが、所属事務所の解散やDrの脱退などの紆余曲折を経て、ついに2019/12にメジャーデビュー。, メロディラインが綺麗でついつい聞き入ってしまいます。昔から楽曲のクオリティが非常に高くてもっと早く売れそうなのにーと思っていたので、今年はもっと多くの人に聞かれる年になるといいなと思っています。, 元BiS,元アキシブプロジェクトとドルオタなら「おー」という感じになりそうな、苺りなはむがリーダーを努めてセルフプロデュースでやっているアイドル。2月にビクターからメジャーデビュー予定です。元BiSということもあり破天荒なプロモもありつつ、KawaiiFutureBassをベースにしたポップなのにどこか切なさを感じるメロやMV/VJでのメッセージ性の強さも印象的です。, ライブ演出を渋都市のHuezさんがやっていて、それもめちゃくちゃ良いです。レーザー超かっこいい…, メンバーのましろちゃん(のそっくりさん)がやっているSHACHIというフィメールラッパーも素晴らしいので、合わせて聞いてみてください。, あ、本業はここです…wけど、もう随分と長くなってしまったので軽めに。またどっかで別途noteを書けたら、、, Perfume,サザン,ラルク,嵐などのビッグアーティストたちをはじめ、たくさんのアーティストがストリーミングへの楽曲開放を行いました。あいみょんや髭男やKing Gnuが示したように、一曲がヒットチャートに入ると連続的に他の楽曲もランキングにあがってくる構図があるストリーミングの使われ方は、良い意味でますますカジュアルになってきたのかなと思います。逆に言うと、当然のことではありますがシングルCDを買うのに僕らが握りしめてCDショップに行っていた1,000円で、5,000万曲をCDプレイヤーもといスマホに常時接続の形で入れられるようになったので、音源自体の価値は相対的に下がっているわけです。, 1999年のCD全盛期から音楽業界における音源収入は低下する中、ライブに来てくれたりグッズを買ってくれたりするファンを増やす必要性があり、そういった潜在/顕在ファンとのタッチポイントとして、中長期的なマネタイズポイントとして、楽曲提供側も配信戦略など含めたストリーミングの使い方を考える時代になってきたのかなと。Spotify,AppleMusicともにfor Artistsがあるので、数値に基づく戦略的意思決定も重要になってきそうです。AmPmなんかはSpotifyハックで有名になりましたね。海外だとUnitedMasters,Amuseといったディストーションもこのあたりを狙っている感じです。, また、TikTokにおけるあいみょんやNovlebrightなどのバズが示すように、ストリーミングサービスだけでなく、増加するメディアにおいてマルチチャネル対応していく必要性も徐々に顕になった年だと思います。タッチポイントが多様化している中で、楽曲やアーティスト名をまず知ってもらうためには、各チャネルを効果的に使う必要が出てきているように感じます。同時に各チャネルやツールにきちんとした目的を持たせた選定が重要になっていくと思われます。, チャネル選定においては、ファンとのコミュニケーションのために使うのか、認知を取るために使うのかといったような軸がありますが、チャネルや自分たちのスタンスにあった方向性を選択していく形になるのかなと思います。前述したMade in Me.のLINEのオープンチャットの使い方なんかは非常に上手ですよね。, メディアイメージと言うか、見られ方のコントロールは自分たちでできる時代にもなってきているので、どういうポジション・どういうブランディングで浸透させていくのか、目指す山はどこでファンとの関係性はどう有りたいのかなどを効果的に発信できるアーティストは強いのかなと思います。スタートアップが総合格闘技になってきていると言いますが、広く見てコンテンツの担い手という意味では一定一緒なのかなと。, 一部アーティストはnoteを使ったり、物販においてECでBASEを使ったり、現場でスクエアを使ったりと、使えるチャネルとツールを使い倒しているマルチなアーティストも徐々に増えてきています。ただ、ここは長い目で見るニューリテールやOMOの文脈に近く、バリューチェーン上への各ファクターの統合による、効率性や利益率の上昇およびデータドリブンな広義でのコンテンツ提供になっていくのかなと思っています。(=チャネルやツールの分散ではなく統合化の方に一定進む), 3/ 影響力をもつ個+クリエイティブチームの構成あるいはDIY/Independent, 「個人のメディア化」と謳われてから一定の時間が経過し、事務所やレコード会社とアーティストの関係性も少し変わってきているような気がします。芸能という範囲で見れば、昨年はよしもとの件もあり、機会や発信力という意味で個人がエンパワメントされたことによるパワーバランスの問題から、「所属する」という意味や「所属することによる恩恵」が見直された1年だったと思います。, とはいえ一概に「事務所(やレコード会社)に所属する意味なんかねーよ」とは違くて、Win-Winな状態で一緒に仕事するのが双方にとって重要だよねということなのかなと。アーティスト視点で見ると、代理/代行(ex.マネジメント,営業代行/マッチング,プロモーション戦略立案)といった部分や活動費用の負担(ex.MV/楽曲製作,ライブ)などといった意味から事務所やレーベルに所属する意味も大きく、チャネルやツールと同じく選択可能なライン上にいるのだと思います。(紹介したアーティストも多くは所属する選択肢をとっています。), そういった中で個人がメディア化したとして、多角的な戦いが求められるので、一人でやるには限界があります。ただアーティストとしては、自らが思い浮かべるクオリティコントロールを究極的に行いたいので、アイコニックで強い個をもっている自分たちのヴィジョンに沿ったメンバーを集めて、一定のクリエイティブチームをもつ活動していくようになっていく未来はありそうかなと思っています。, 基盤となるクリエイティブパートナーはいて楽曲やライブごとにほしいクオリティのためのパートナーを選出するといった形式で、文中であげた中だと、millenium parade,ぷにぷに電機,ずとまよ,Reol,CY8ERなどがその例かなと思います。, もちろんその中で、いわゆるDIY/Independentアーティストとして個人/個アーティストでもやっていく人もいるのだと思います。紹介した中だと、Mom,白神真志朗,pavilion xool,パソコン音楽クラブなど。世界でもレーベルや事務所に入らず、自前で活動している(ex.ディストーションサービスで楽曲配信をしするなど)アーティストは増えてきており、すでに1,000億円以上の市場規模になっています。, またクリエイティブ製作だけでなく、戦略立案のためにマーケティングやアナリティクスの観点を外部ないしはプロジェクトメンバーが担うことも増えてきそうかなと思っています。昨年Spotifyが音楽制作のマッチングプラットフォームSoundBetterを買収しましたが、そういった狙いもあるのではないかなと。アーティストがアーティスト活動に集中できる、且つ見られた方・勝ち方のストーリーを総合的に描けるチームが理想的な構図となっていきそうです。, 売却の話があるユニバーサルの行方(年末にちょうどTencentが10%取得しましたね)と中国企業/資本の音楽業界への進出(ex.Bytedance,Tencent)も今年はホットなテーマかなと。, そういった中で、先達達が作ってきた音楽業界にデジタルの良いところをミックスし、音楽業界の益々の繁栄のために音楽業界におけるデジタルインフラを構築し、クリエイティブ制作〜クリエイティブ/情報流通、そしてその裏にある業務の部分を一緒にデジタル化および一気通貫的(≒CRM)にファンの動向のトラッキングし戦略的意思決定ができる体制づくりのサポートができればと思っています。, もしご興味を持っていただいたアーティストさん、事務所/レコード会社の方、その他イベンター/プロモーターやライブハウスの方をはじめとした音楽業界の方がいらっしゃいましたら、気軽にご連絡ください。飛んでゆきます, あくまで主観は主観で相対的なものなので、ランキング形式はあまり好きじゃないのでランキングではないのですが、社内で注目している25アーティストをピックアップしてみました。音楽好きの人たちはもう結構知ってますかね…?笑, ↓のサービス内の特集にも「2020ネクストヒット」的な項目があるので、よかったら使ってみてください!, 「いちいちHP見に行くのはめんどくさいけど、見ないとライブ情報を見逃しちゃう…」「SNSやチケットサイトの断片的な情報だけじゃ追いきれない」「好きなアーティストや行きたいライブが多すぎて管理しきれない」といった悩みはありませんか…?, そんな方のために、Freax - チケット見逃し防止アプリというiOSアプリを作っています。, 1/ AppleMusic,iPhone内の音楽,Spotifyの視聴データと連携し、好きなアーティストを楽ちんフォロー, 2/ フォローしたアーティストの「全国でのライブ情報」が「いつどこでやるか」がわかり、「各チケットサイトで売られているチケットもひとまとめに」なっていて、ライブ情報の管理・チケットを簡単に手に入れることが可能です, 3/ また自分がいくライブの地域を設定すると、チケット情報が解禁されたタイミング,チケットの申込締め切り日の前日,一般発売(=先着)の発売開始30分前,チケットが残りわずかになったタイミング でPush通知にてお知らせが届くので、「あああああ見逃した/申し込み逃した」とはおさらば!, それではみなさん今年も素敵な音楽ライフをそして、みなさんにとって2020年も素敵な1年になりますように!, 内容が良かったり共感しただいたりしたらサポートしていただけると嬉しいですm(_ _)m

女は 愛想 男は, 楽天コレクションセレクト 支払い, 開発独裁 デメリット, 可愛い 雑貨屋 通販, 池袋ウエストゲートパーク 再放送, 東野圭吾 クスノキの番人, 蛇流派ウィッチャー グウェント, 月次 発表日, Wimax 解約できない, 宝くじ 10万円 換金場所, Uqモバイル エントリーパッケージ キャッシュバック, 髪 お直しオイル, サマージャンボ 当選場所, テーブル でこぼこ 直す, 二ノ国 白き聖 灰 の女王 つまらない, 家電量販店 売上 コロナ, ハーフタレント キャスター, 普通に津田健次郎 無料, なまず速報 おかしい, ディノス 電話 繋がらない, グランツーリスモsport 車種 追加, 椅子の張り替え ウレタン ホームセンター, Uqモバイル データ繰り越しされない,