wimax(ワイマックス)の利用可能なエリア確認ページになります。ご不明点がございましたら、お気軽にご相談くださいませ。uqwimaxが保有するwimax・wimax2+回線を使うサービスでは、どのプロバイダもエリアなどは全く同じですので、ご安心くださいませ。 Broad WiMAXには、WiMAX2+の回線を利用したハイスピードモードと、それにau 4G LTE回線を併用した、ハイスピードプラスエリアモードという通信方法があります。, 元々は1,005円の有料オプションだったのですが、Broad WiMAXなら無料で利用できる通信です。, このハイスピードプラスエリアモードは、Broad WiMAXの申し込み時に、『ハイスピードプラスエリアモードについてのご注意点』と大きく表示されていて、さらにチェックをしないと申し込みに進めないので、気になるユーザーも多いのではないでしょうか?, 簡単にいうと、au回線を利用したハイスピードプラスエリアモードで7GBを使うと、WiMAX2+の回線も速度制限を受けるので注意しましょうという内容です。, 基本的にはWiMAX2+のみで通信を行い、必要な時にのみオンにして使えば良いだけなので、安心して申し込みを続けましょう。, WiMAX2+の回線にLTE通信が加わるので、快適で便利な通信モードではあるのですが、確かに申し込み前に確認しておいた方が良い注意点があります。, このページでは、Broad WiMAXのハイスピードプラスエリアモードの特徴や、申し込み・実際に利用する際の注意点などを詳しく解説したいと思います。, Broad WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+の回線とau 4G LTEの回線を同時に利用する通信モードです。, Broad WiMAXでは無料で利用できますし、標準でこの通信モードが付いてきます。, WiMAX2+のみの回線で利用するハイスピードモードと、LTE回線を併用するハイスピードプラスエリアモードは、WiMAXの端末側で簡単に切り替えることができるので、利用シーンに応じて使い分けることが可能です。, WiMAX2+の回線のみで行うハイスピードモードと、au 4G LTEの回線を併用したハイスピードプラスエリアモードの特徴は、それぞれ上の表の様になります。, Broad WiMAXの申し込み画面で『ハイスピードプラスエリアモードについてのご注意店』と大きく書かれていて、わざわざ確認済みのチェックを促すくらいですから、WiMAXを使用する上で、しっかり理解しておいた方が良いポイントです。, 実際にこの2つの通信モードを知らずに利用して、月の最初に1ヶ月間の速度制限を受けてしまったという例もあるので、申し込み前にしっかり確認しておきましょう。, Broad WiMAXのユーザーが、毎日の通常利用で使用する通信が、このハイスピードモードです。, ハイスピードモードは、WiMAX2+の回線のみで通信をする標準モードで、下り最大558Mbpsの通信ができます。, 正直、WiMAXの利用は99%このハイスピードモードを利用すればOKで、これだけで十分に通信速度が出ますし、電波も悪くありません。, ギガ放題プランにすれば、3日で10GBの通信量の上限はあるものの、月の通信量が無制限になっています。, また、速度制限を受けても18時から2時までの8時間ですし、制限時も1Mbps程度の通信速度が出るので十分実用的です。, WiMAX2+のみの回線を利用するハイスピードモードだけを使っておけば、極端な速度制限にかかることはないので、基本的にはこのモードで通信を行い、3日で10GBの通信容量にだけ注意しながら通信しましょう。, Broad WiMAXの3日で10GBの通信量って?本当に速度制限がなく快適に使えるの?, Broad WiMAXユーザーが注意しないといけないのは、WiMAX2+の通信に加えて、au 4G LTEの回線を併用する、ハイスピードプラスエリアモードです。, この通信モードを使うと、WiMAX2+に4x4mio・256QAM・キャリアアグリゲーションなどの最新技術を総合して、下り最大1.2Gbpsの通信を実現できます。, auのLTE回線を利用するので、もちろん通信エリアも広く、WiMAX2+の弱点である屋内や地下・山間部での電波もカバーできます。, ここまでいいことずくめのハイスピードプラスエリアモードですが、致命的な欠点が月に7GBまでという通信容量です。, ハイスピードプラスエリアモードを使って通信を行うと、通信速度は速く電波の入りも良いのですが、その月の通信量が7GBを超えてしまった時が大変です。, WiMAX2+のハイスピードモードでの通信容量は3日で10GBですが、ハイスピードプラスエリアモードでは月に7GBという少ない容量なので、すぐに通信制限がかかります。, 一度速度制限になってしまうと、通信速度が128Kbpsまで絞られてしまい、なぜかWiMAX2+の速度まで道連れで制限を受けてしまいます。, 速度制限はその月が終わるまで続き、翌月の1日になると解除されて再び高速通信が利用できるようになります。, 速度制限の期間中に解除する方法はなく、月が変わるまで超低速通信で我慢しなければなりません。, 128Kbpsの通信速度ではサイトを表示するために読み込み時間が長く必要ですし、SNSでは画像が読み込まれません。, この通信速度にWiMAX2+まで道連れにされるのは、はっきり言って意味不明ですが、これはBroad WiMAXではなく、WiMAX自体の仕様なのでしょう。, ハイスピードプラスエリアモードとの上手な付き合い方は、基本的にはOFFにしておいてハイスピードモードで利用すること。, そして、外出先でWiMAX2+の電波が繋がりにくくなった時に、ONにして補助的に利用することです。, メインの回線をWiMAX2+、電波の補助をLTEとしておけば、ハイスピードエリアプラスモードで通信量を使いすぎることはありません。, 7GBと言っても、動画の視聴など多くの通信量を消費する時に使わないようにすれば、すぐに上限になってしまうことはありません。, 反対に、常にハイスピードエリアプラスモードをONにしておいて、動画や音楽の視聴をするときだけ、ハイスピードモードに切り替えるという使い方もありです。, ハイスピードプラスエリアモードは、HS+Aボタンで簡単に切り替えが可能なので、状況に応じて使い分けることができます。, また、WiMAXルーターの画面に、7GBまでの残り容量を表示させることもできるので、ハイスピードプラスエリアモードを仕様している時は、細かく通信量をチェックして、6.9GB使用したらすぐにOFFにするようにしておきましょう。, これを守っておけば、Broad WiMAXのハイスピードプラスエリアモードを便利に使いこなすことができるでしょう。, Broad WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは、通信速度が大幅に向上してどのエリアでも通信ができるようになる便利な通信モードです。, しかし、月に7GBまでという上限が設定されていて、それを超えるとWiMAX2+の通信が道連れで128Kbpsまで速度制限がされてしまいます。, 途中で解除する方法はなく、翌月にリセットされるまで、WiMAXルーターが使い物にならなくなってしまいます。, ずっとONにしていれば、通信は快適でしょうが、7GBの容量というのはあまりにも少ないので、要所要所で使うようにしましょう。, もしくは、6.9GBのギリギリまで利用したら、あとはOFFにするようにしないと、速度制限にかかるリスクが大きすぎます。, 個人的にはずっとOFFにしてWiMAX2+の通信だけで運用していて、必要なときだけHS+AをONにして利用しています。, WiMAX2+の通信速度やエリアだけで十分に賄えますし、ハイスピードプラスエリアモードを利用する時は動画や音楽などのストリーミングをしないので、速度制限に悩ませされることなく使えています。, これからBroad WiMAXで契約するユーザーは、ハイスピードプラスエリアモードの仕様だけしっかりと理解して、使いすぎないように注意しましょう。, Broad WiMAXはこちらの公式サイトからの申し込みで、期間限定のとてもお得なキャンペーンが適用されます。, Broad WiMAX Hackは、様々なWiMAXプロバイダで契約してきた運営者が、最もおすすめするBroad WiMAXについて解説するサイトです。, WiMAXユーザーが、割高なプロバイダで申し込みしてしまわないように、Broad WiMAXの月額最安プランを広めるために運営しています。, au回線を利用したハイスピードプラスエリアモードで7GBを使うと、WiMAX2+の回線も速度制限を受けるので注意しましょう. 【公式】 var dt = new Date(now.getFullYear(), now.getMonth() + 1, 0); Copyright © 2017-2020 モバイルWi-Fiを使おう All Rights Reserved. ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX2+と4G LTEそれぞれの電波を使用して通信することができるモードです。W var now = new Date(); 一言でいえば、「ハイスピードプラスエリアモード」はハイスピードモード(WiMAX 2+)の 補助回線 です。 WiMAX2+の電波が入らない所でもポケットWi-Fi(WiMAXのルーター)が使えるようにするため … Broad WiMAXには、WiMAX2+の回線を利用したハイスピードモードと、それにau 4G LTE回線を併用した、ハイスピードプラスエリアモードという通信方法があります。 元々は1,005円の有料オプションだったのですが、Broad WiMAXなら無料で利用できる通信です。 ハイスピードプラスエリアモード(hs+a)はwimax 2+と4g lteを使って通信する動作モードです。※lteサービスはエリアがwimax2+より広域となります。 (注意) hs+a設定するとデ 限定キャンペーン中!, WiMAXは主要都市はもちろん、実人口1億人カバーを達成し、全国で利用可能です。しかしながら、全ての場所で完璧に利用可能というわけではございませんので、エリアが気になる方のために下記から対応エリアのご確認をしていただけます。, WiMAXのエリア確認は、ご利用者様の利用方法に応じて2つの方法で行っていただけます。移動して複数の場所でご利用する方は「サービスエリアマップ」より、特定の場所でのご利用が多い方は「ピンポイントエリア判定」より、ご確認くださいませ。また、超高速回線はWiMAX2+になるので、基本的にはこちらでの判定結果を参考にするのをおすすめします。, ※情報が不十分なため、「△・×」になっておりますが、実際に利用している方がいる可能性があります!JPWiMAX独自の「実際の利用者様からの速度データベース」を確認可能ですので、お問い合わせ窓口よりお問い合わせくださいませ。, ※ 個人で複数台申し込みを希望の方は1度お問い合わせください。尚、ご契約後は台数分、ギフト券が適用されます。. モードを「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」で切り替えて使用. WiMAXのルーターは、デフォルトでは「ハイスピードエリアモード」になっていますが、これをハイスピードプラスエリアモードに切り替えるだけで電波の入るエリアが広がり、通信速度が最大で倍以上の速さになります。 ハイスピードプラスエリアはWiMAX2+の回線とau4GLTEの回線の2つを同時に使えるので、WiMAXの電波が入る所ではWiMAX2+でインターネットを楽しんでWiMAXの電波が入りにくい所ではau4GLTEで安定したインターネット接続が可能です。 なんと、WiMAXの最新機種W06では、ハイスピードプラスエリアモードを利用することで 最大速度1.2Gbpsと、ついにギガ超え! しかし、そんなハイスピードプラスエリアモードもメリットだけではなく、 データ容量が月間7GBまでというデメリットもあるんです。 document.write( (dt.getMonth() + 1) + '月' ); 結論、WiMAXの「ハイスピードプラスエリアモード」とは選べる通信モードの1つで、通常よりも広いエリアで安定した高速通信が可能ですが、事前に使用方法を確認せずに利用し続けてしまうと、通信制限や利用料金が高くなるなどの落とし穴があるため注意が必要です。 ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX2+と4G LTEそれぞれの電波を使用して通信することができるモードです。WiMAXは高速通信、低料金を売りにしていますが、都市部を中心に展開しているので山間部のカバー率が低いのが弱点です。, 私はスキーとかゴルフとかによく行くのですが、山間部ではWiMAX2+の電波が届いておらず、通信できないことも多々あります。, ハイスピードプラスエリアモードに対応している端末であれば、端末の操作で通信モードを切り替えるだけです。, WX06に搭載されている「ワンタイムHS+A」機能は、ハイスピードプラスエリアモードの解除忘れを防止するための機能です。, ボタン押下で「ハイスピードプラスエリアモード」になりますが、「ワンタイム解除ボタン押下」「電源OFF→ON」「休止/ウェイティングから復帰」「一定時間(10時間)」で自動的に「ハイスピードモード」へ復帰します。, WiMAXの人口カバー率は高くなってきたとはいえ4G LTEほどではありません。都市部を外れてしまうと途端に電波が届かないところがあります。しかもWiMAXの電波は直進性が高いため、都市部でも地下や建物内部だとWiMAXの電波が届かない場所がまだまだあります。, スマホのパケット料金節約のためにWiMAXに契約したのに電波が届かないなんて・・・。そうならないようにWiMAXではハイスピードプラスエリアモードがあります。, ハイスピードプラスエリアモードで受信できる4G LTEはauの電波のため、auスマホと同等のエリアカバー率です。, ハイスピードプラスエリアモードは、貴重な4G LTE回線を利用するため1ヶ月で7Gbyteまでしか使えないという制約があります。それ以上の通信量を使用した場合は128kbpsに速度制限されてしまい、制限が解除されるのは翌月なのです。制限がかかってしまうとハイスピードモードの通信速度も128kbpsになります。, ハイスピードモードの通信量制限は3日間で10Gbyteまでで翌日には再計算され制限が解除されました。速度制限も1Mbpsと比較的緩めだったことを考えると、ハイスピードプラスエリアモードで制限にかかってしまうとかなり厳しいです。, ハイスピードプラスエリアモードの最大のデメリットである1,005円の月額料金は、3年契約することで無料になります。そして128kbpsに速度制限されることは避けたいので、通常はハイスピードモードを使用し、移動中はハイスピードプラスエリアモードに変更します。, パケット量を多く使う動画などは主に自宅で楽しむことが多いですよね。逆に移動中はサイト参照や、ゲーム、音楽などの利用が多いので、そこまでパケットを使いません。, その利点を生かしてハイスピードモードとうまく組み合わせて使うことで、便利に利用できます。, 月額料金は1,005円必要ですが、WiMAXを3年契約することで無料になります。 プロバイダから契約すると全て無料ですので、こちらからおすすめのプロバイダをみつけてください。, 【WiMAX】Speed Wi-Fi NEXT W05の特徴を徹底紹介!社外アイテムを駆使してあなたのモバイル生活をさらに快適に!.

Hdmi セレクター 切り替わらない, ハイセンス 洗濯機 説明書, Windows 改行コード 一括変換, Outlook 開封通知 設定, メール 一斉送信 ソフト, Joy-con Pc 接続, 困難 に立ち向かう 名言 英語, オンライン 英会話 子供 ネイティブ, マーケティング 成功事例 企業, Mac Word 保存できない アクセス権, 伏見 ランチ 酒蔵, へ ヒョン 立ち回り, 銀座線 時刻表 表参道, アクア モデリスタ 中古 パーツ, スマホ 木製スピーカー 仕組み, 京都西川 枕 オーダーメイド, 積水ハウス 北玄関 間取り, 休日 勉強 できない 社会人, 友達に 会 いたく ない症候群, ワード A4 文字サイズ,